LinksTOPGallery Index

Gallery02

Prev. <- -> Next




ピアノが弾けたらなあ(昔、そんな歌がありましたが)、と思って「大人になってからの初めてピアノ」のような教則本を買ってきました。数ヶ月前のことです。

ピアノに触れるどころか、その本をパラパラやる時間さえありません。

性格がピアノに向いてないのではなく、生活がピアノに向いてないのです、きっと。
Contax IIIa + Sonnar 50mm F1.5 (100TMX)



骨董本と、飯盒が一緒に売られるというこの世の不条理。

骨董市で。
Leica IIIb + Summitar 5cm F2 (100TMX)



「私を撮って。早く、今のうちに」

って、僕にはハッキリ聞こえた。

ちょっと手が震えた。
Leica IIIb + Elmar 5cm F3.5 (EPP)



廃屋があると、近づかずにはいられません。「廃屋」に独特のロマンを感じている僕ですが、今回ばかりはドキッとしました。

割れた窓ガラスの隙間から見えた、千羽鶴。

誰かの、誰かへの思いだけが、この廃屋に悲しく置き去りにされていました。
Leica IIIb + Summitar 5cm F2 (100TMX)



人間の営みっていうのは、昨日と同じことをして満足することなんかじゃなく、昨日とは違うことをして失敗してみることなんだから。そして、たまには向こうから小さな幸運がやってくることがある、と。

歩く道を変えてみる、歩く時間を変えてみる、歩く方向を変えてみる、その繰り返し。
Contax IIIa + Sonnar 50mm F1.5 (100TMX)



A.M.ロトチェンコの「ボリショイ劇場広場にて」を真似てみる。傾け方が逆なのは、単純にロトチェンコの写真がどっちに傾いていたか、その時思い出せなかっただけ。現像したフィルムを乾燥させようとして、脱衣場の天井からぶら下げた時に、「あ、逆だ」と気がつく。

「あ、逆だ」

思わずそう呟いてしまうことが多すぎる。問題は、それがいつだって遅すぎること。

ま、気がついただけいいか。と、逆のまま行ってみたりする。
Ricoh R1 30mm F3.5 (100TMX)



久々にエルマーを使ってみた。ここのところ、広角だの、外付けファインダーだの、ソ連レンズだの言っていたので、ちょっと初心に帰ってみたわけだ。

というのは、会社の食堂で(社食としてはメニューは異常に多いと思う)「今日は社食の基本に立ち返ろう」などと言いながら久しぶりにカレーライスを食べた時に、ふと、このエルマーのことを思い出したのである。

時々基本に立ち返るのは嫌いではない。これは自分自身への禊である。たとえそれがカレーライスであっても。

あと、スキャナーでフィルムをスキャンする時のフィルムホルダーに少し加工をして、パーフォレーションの部分まで取り込めるようにした。古いライカはこうでなくちゃね。
Leica IIIb + Elmar 5cm F3.5 (Tri-X)



ほら、自分達の影をよく見てごらん。

鏡を見るよりも、自分達が似合いのカップルかどうかがよく分かるから。
Leica IIIb + Jupiter8 50mm F2 (Tri-X)



新しく手に入れたカメラを首から提げて、あてもなく電車に乗り、気が向いた駅で乗り換え、眠りから覚めたら電車を下りてみる、という遊びをしていたら、西東京と群馬を結ぶ、とある路線の駅にいた。

何も起こらず、何も聞こえず、1分間に0.25度ずつ、太陽が動いていくだけ。まるで時間が止まっているよう・・・っていうか、ただ電車が来ないだけなんだが。

非常にシンプルで分かりやすい時刻表によれば、次の電車まであと1時間。あくび。
Rolleicord V / Xenar 75mm F3.5 (Tri-X)



ふと気がつくと、そばに立っていた。

一番最初に気になったのは、どうして裸足なのか?ってこと。そりゃ確かに場所はど田舎の駅前。田舎の子は裸足と相場は決まっている・・・というは昔の話。やっぱりアスファルトの上には危ないものが沢山落ちている。

たまらずに、「ねえ、靴は?」と訊いたら、「川で遊んで濡れたから乾かしてる」という答えが返ってきて、思わず拍手をしそうになった。

それにしても人懐こい子で、色々と話しかけてくる。小さな子供に関する物騒な事件が頻発している中で、こっちの方が人の目を気にして(周りにはだーれも居ないにせよ)どぎまぎしてしまった。

と思ったら、今度は昼寝をしていた猫に何か話しかけている。猫も、やや面倒臭そうではあるものの、ちゃんと話し相手になっていた模様。そんな様子を写真に撮ったら、「ねえ、上手に撮れた?」と訊きながら、しきりにカメラの裏側を覗こうとするあたりはやっぱり現代っ子(ごめんねぇ・・・デジカメぢゃないのよ、これは)。そして気がつくと、もう居なくなっていた。

ほら、上手に撮れたよ。
Leica IIIb + Jupiter12 35mm F2.8 (100TMX)


Prev. <- -> Next

LinksTOPGallery Index

inserted by FC2 system