LinksTOPGallery Index

Gallery37

Prev. <- -> Next




Leica M5 + Summilux 35mm F1.4 (TX)



自分はonly oneであると信じること。

自分はone of themに過ぎないと自覚すること。

自分に出来ることは無限であると同時に、タカが知れている。でも信じようじゃないか。明けない夜はないのだということを。

それにしてもこのシチュエーションが多いな。
Leica M5 + Summilux 35mm F1.4 (TX)



「人生の1/3は刑務所に入ってましたからねぇ」
Leica M5 + Elmar 3.5cm F3.5 (TX)



そのとき持っていたカメラでまともに写真を撮ることの出来る、ぎりぎりの明るさが残るわずかな時間、僕は海にいた。

太陽なんて朝から一度も顔を出しちゃいないし、季節的にも海を散策するにはまだ早すぎるから、見渡す限り、ここにいるのは僕ひとりのようだった。

細かい雨が降り出してきた。展望台のようなものが見えた。吹きさらしの粗末なつくりだが、屋根はある。あそこなら雨が避けられそうだ。階段を上っていくと、中学生ぐらいの制服を着た男女が、慌てて体を離した。邪魔してごめんよ。

また海を歩き始めると、真っ赤なパーカーのフードを頭にすっぽり被った、異様に痩せこけた老人がどこからともなく近寄ってきた。

「たばこをくれませんか」

一瞬考えて、「僕はたばこを吸わないんですよ」と嘘をついた。

箱ごとくれてやりゃよかったじゃないか、と思って振り返ると、もう老人の姿は無かった。あの展望台にだけは行ってくれるなよ、と願った。
Leica M5 + Summilux 35mm F1.4 (TX)



やっぱ、マキナっつうのはいいカメラだったなあ。

2回買って2回売っちゃったんで、こりゃ縁がねぇんだなとは思ってるけどね。
PLAUBEL makina67 / Nikkor 80mm F2.8 (TX)



Leica M5 + Summilux 35mm F1.4 (TX)



なぜか富士吉田の居酒屋で、不幸について話し合ったことがある。僕がまだ大学生の頃の話だ。

ところがオプティミストとペシミストが不幸について話し合うことほど、この世に無意味な行為はない。僕は自分の不幸せな面にはわりと簡単に目をつぶってしまうし、彼女は不幸せな面しか見ようとしなかった。僕はすべてに満足しており、彼女はすべてが不満だった。

やがて諍いになった。大声で罵り合った。必然のオチだ。

自分を幸せにするために、色んな人が努力してきた、あるいは未だにしている。その結果がどうあれ、まずはそれに感謝する。そして、自分も今度は誰かに同じことをする。もちろん結果がどうあれ、だ。

それでいいじゃないかと思ってるんだけどね、今でも。
Leica M5 + Summilux 35mm F1.4 (TX)



タカラトミーの人生ゲームは完全な偶然に左右されるけれど、実際の人生ゲームはそうではない。

一日のうちに小さな決断を何十回と下した結果、今日という日がどのように終わるのかが決まり、それを365回繰り返すことによって1年間が決まり、3650回繰り返すことで10年間が決まる。

もちろん人生には偶然もある。沢山ある。

しかし自分の人生に大きな影響を与えるほどの偶然は、僕らが期待するほどには起きてくれない。残念なことに。

結局、大事なことは自分で決めている。

あれも、これも、僕が、あなたが、自分で決めたこと。
Leica M5 + Elmar 3.5cm F3.5 (TX)



Nikomat FTn + Nikkor 28mm F3.5 (TMY)



埼玉県内のK町というところに、月に2〜3度出かけて写真を撮っている。

僕は神奈川生まれの神奈川育ちだが、僕が少年時代を過ごした風景と、K町は非常によく似ている。雲雀の子が危なっかしく飛びながら甲高い声でさえずる。夕方になると、遠くでカッコウが鳴く。あの頃の自分が、どこかに隠れていそうな気がする。ヘビの抜け殻を後生大事に持って、真っ黒に汚れた、アタマの悪そうな少年がいたら、それはきっと僕だ。
Leica R3 + Super-Angulon 21mm F4 (TX)


Prev. <- -> Next

LinksTOPGallery Index

inserted by FC2 system